ごあいさつ

 
私たち一人ひとりの生み出す技術・製品・サービスが、
今、そして未来の文化・社会の発展に貢献できることを信じて、
中越パルプ工業はこれからも進化し続けてまいります。
 

新しい価値の創造

文化とともに歩んできた「紙」。
それは情報伝達の媒体にとどまらず、生活の様々な場面で用いられる多様性を備えた素材です。
このすぐれた特性を生かした新たな製品の創生や、「竹紙」、「里山物語」など、当社独自の
環境に配慮した紙の生産・販売を通じた社会的課題解決への挑戦、パルプ製造技術を応用した
新素材の実用化に向けた取り組みなど、「紙」のもつ可能性を追求し、新しい価値の創造に向けて
挑戦し続けます。

独立自尊の精神をもつ「たたかう集団」として

企業に求められるニーズを、素早く、正確に捉え、つねに一歩先を見据えた製品・サービスを提供できる企業を目指し、いかなる状況の変化にも柔軟かつ的確に対応する、確かな企業戦略と独立自尊の精神をもつ「たたかう集団」として日々前進してまいります。

「愛され信頼される企業」を目指して、ひたむきに人を大切にしたものづくりに努めるとともに、
より良い社会の創造に貢献してまいりますので、一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し
上げます。

代表取締役社長 加藤 明美