今年も竹紙TANZAKUがSDGsでますます活躍

2022年6月23日(木)

今年も竹紙の短冊が、各地の七夕を彩っています。

毎年、様々な公共施設や商業施設での七夕飾りに、日本の竹100%でできた「竹紙」でできた短冊が活用されています。今年は特に、SDGsをテーマにして「竹紙」が選ばれている事例が増えています。

名古屋市栄にある駐車場エンゼルパークでは、エンゼル七夕まつりを開催しています。竹紙の取り組みをご理解いただいた上で、ぜひ活用したいとのことでした。お近くの方は、お買い物の際にお立ち寄りください。

大阪駅直結の駅型商業施設、ルクア大阪では、伊勢丹テナントで七夕飾りが始まりました。都市で暮らす中では七夕飾りの竹を入手するのに一苦労します。壁を使うことで、省スペースにもなります。センスよく素敵な七夕となっています。

毎年恒例の老舗百貨店での七夕飾りも始まります。各地のコワーキングスペースでも予定されています。様子は追って更新します。

竹紙の取り組みを共に伝えながら開催する三越伊勢丹の七夕では、伊勢丹新宿店や銀座三越で飾り付けられています。今年は同社のオンラインストアでも、毎週金曜連載「金曜のサスティナブル」に竹紙の取り組みを大きく紹介いただいています。