配合率乖離による影響について

2008年4月1日(火)

先般ご報告いたしました通り、古紙および非木材パルプの公称配合率と実際の配合率に乖離がありました。消費者並びにお取引先の皆様をはじめ関係各位に多大なご迷惑をお掛けし、また大変な混乱を招いたこと誠に申し訳ありません。改めて衷心よりお詫び申し上げます。

プレスリリース