「Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫」の特別イベント「エコ・アートワークショップ」に協賛しました

2017年1月16日(月)

横浜を代表する観光スポット「横浜赤レンガ倉庫」の冬を彩るイベント「Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫」(http://www.yokohama-akarenga.jp/artrink2016/)が、12月3日(土)から2月19日(日)の79日間開催されています。毎年、多彩なアーティストが繰り広げるアート空間とアイススケートのコラボレーションで多くの方(昨シーズンの有料入場者数96,312名)が楽しまれていますが、今シーズンは過去最年少アーティスト・神奈川県立横浜平沼高等学校美術部の皆さんがアート空間を創作しています。

 

1月8日(日)の特別イベント「エコ・アートワークショップ 蜜蝋クレヨンぬり絵と竹紙で創る折紙」に、中越パルプ工業が協賛しました。

週末は来場者9000人/日を超える観光スポットですが、当日は横浜消防出初式と重なり、いつにも増して多くの方が来場されました。ワークショップ会場では「竹紙」「里山物語」の紹介パネルも展示され、多くの親子が日本の竹100%の「竹紙」に驚きながら、「ぬり絵」や「折紙」を楽しまれました。 「エコ・アートワークショップ 蜜蝋クレヨンぬり絵と竹紙で創る折紙」

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000197.000014302.html

日時:  2017 年 1 月8 日(日) 10:10~15:00  場所:  横浜赤レンガ倉庫 1 号館 1 階スポット B (横浜市中区新港 1-1-1) 講師:  神奈川県立横浜平沼高等学校 美術部 特別協力:  東京大学折紙サークル“Orist” 協賛:  camwacca、中越パルプ工業株式会社 主催:  公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

  

ホーム > 社会・環境 > 環境に配慮した紙づくり > 竹紙 > 「Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫」の特別イベント「エコ・アートワークショップ」に協賛しました