PLAY! PARK「おいでよ紙の森へ!」に竹紙100が登場

2021年5月19日(水)

立川駅そばの商業施設GREEN SPRINGS内PLAY! PARK「おいでよ紙の森へ!」に竹紙100が登場しました。竹紙100は日本の竹100%でできた当社独自の製品で、地域の社会的課題解決を目指して生まれた紙です。
「PLAY! PARK」は「未知との出会い」を合言葉にした0〜12歳のための屋内広場。既存の遊具や玩具を設置せず、建築家やクリエイターと共同で、子どもたちが自由な発想で遊べる場となっています。
2021年春夏のPLAY! PARKのテーマは「おいでよ紙の森へ!」。
新聞紙、ダンボール、トイレットペーパー、コピー紙など・・・生活の中にある身近な紙を、家ではやっちゃダメな方法で思い切り楽しめます。
Let’s! PLAY! PAPERコーナーの8月7日(土)~8月25日(水)夏休み特別プログラム「夏の自由研究」で、当社の竹紙に、おもいおもいの模様やパターンを描いて、世界に一枚のオリジナルの色紙を作ってもらいました。
https://play2020.jp/article/higawari-ws-202108/