イベント

11/22 第49回 銀座ソーシャル映画祭を11月22日(水)に開催します

2017年11月10日(金)

第49回 銀座ソーシャル映画祭を11月22日(水)に開催します。
★【ご注意】facebookの「参加」だけではお申込みになりません★
必ず下記のフォームにお申し込みください。
http://peatix.com/event/323017

今回は、東日本大震災直後に来日したカナダの日系映画監督、リンダ・オオハマ。被災地で彼女が心揺さぶられた数々の出会いを東北強さと美しさとともに描いたドキュメンタリー映画です。ゲストはカナダからリンダ・オオハマ監督をお迎えします。

<上映映画>
————————————————–
「東北の新月」
http://newmoonovertohoku.com/japan/
あらすじ: 宮城、岩手、福島 各県沿岸の市町村での 2年半以上に及ぶ取材ロケを通じて制作された、災害に打撃を受けた日系カナダ人映画作家と被災者住民の心の快復の記録である。(2015年カナダ)

カナダ首相ジャスティン・トルード: 震災による喪失が引き起こした人々の嘆き苦しみを災害社の目を通して江上ながらも、なお未来に託す希望のメッセージを我々にも送っている。
————————————————–
<日時>
2017年11月22日(水)
・18:30 開場
・19:00 開演 上映+トークセッション
・21:00 交流開始

<ゲスト>
リンダ・オオハラ監督: ドキュメンタリー映画製作者、映画監督、視覚芸術家、作家、そして教育者。20年以上にわたり映画界で活躍。ドキュメンタリーは北米、ヨーロッパ、アジアで上映。多数の受賞あり。
<会場> ギャラリーアートグラフ銀座
(東京都中央区銀座2-9-14 銀座ビル1F) http://www.shashinkosha.co.jp/gallery.php#access-link

入場料: 1,000円
交流会: 1,500円(アルコール・ドリンク、軽食有)トークセッション終了後開始
定員: 30名
※終了後に、来場者が交流できる時間と軽食をご用意します。

<主催>
中越パルプ工業株式会社
http://www.chuetsu-pulp.co.jp/
<共催>
TOKYO WOMEN’S FILM FESTIVAL
https://www.facebook.com/TOKYO-Womens-FILM-Festival-1410764232354061/
かすかべメディアカフェ
https://www.facebook.com/KasukabeMediaCafe
ギャラリーアートグラフ銀座
http://www.shashinkosha.co.jp/gallery.php

※上映中の入場は対応できませんので、ご注意ください。
※映画専用の機材・会場ではありませんので、一部見えにくかったり、銀座の街の音が聞こえてきたりすることも想定されます。あらかじめ了承ください。
【問い合わせ】
銀座ソーシャル映画祭 事務局
・E-mail : ginzasocialfilm★gmail.com (★を@に変更してください)
※お問い合わせ事項は中越パルプ工業(株)と共有・ご返答いたします。

★★銀座ソーシャル映画祭とは・・・★★
中越パルプ工業株式会社が主催する、銀座を拠点にした、社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、考えるきっかけを作ってもらいたいと思い、一社員がはじめた活動です。定期的にステキな映画をお届けしていきます。
https://www.facebook.com/ginzasocialfilmfestival/