環境会計

集計範囲: 中越パルプ工業株式会社(関係会社は含まない)
対象期間: 2010年度(2010年4月1日~2011年3月31日)

1. 環境保全コスト

分類 主な取組の内容 投資額 費用額
(1)生産・サービス活動により事業エリア内で生じる環境負荷を抑制するための環境保全コスト(事業エリア内コスト) 427 4,089
1. 公害防止コスト   299 3,506
a. 大気汚染防止 114 912
b. 水質汚濁防止 112 2,355
c. 悪臭防止 34 134
d. 騒音防止、その他公害防止 39 105
2. 地球環境保全コスト   23 8
a. 省エネルギー 23 (製造費用に含む)
b. 国内植林 0 8
c. 海外植林 0 0
3. 資源循環コスト   105 575
a. 古紙など資源の有効利用 0 (製造費用に含む)
b. 廃棄物削減・再利用・処分 105 575
(2) 生産・サービス活動に伴って上流または下流で生じる環境負荷を抑制するためのコスト(上・下流コスト) 0 367
1. 容器・包装などのリサイクル パレット・紙管の回収・再使用 0 353
2. 容器・包装の低環境負荷化 包装紙のノーラミネート化 0 14
(3) 管理活動における環境保全コスト(管理活動コスト) 0 98
1. 社員環境教育等 従業員監督者研修など 0 2
2. 環境マネジメントシステムの構築、運用、認証取得 FSC認証、ISO14001定期審査など 0 6
3. 環境負荷の監視・測定 ダイオキシン類分析など 0 24
4. 環境保全対策組織人件費 環境管理組織 0 66
(4) 研究開発活動における環境保全コスト(研究開発コスト) 0 7
(5) 社会活動における環境保全コスト(社会活動コスト) 0 7
1. 地域住民環境活動支援等 地域社会対策、割り箸回収 0 2
2. 環境情報の公表、環境広告 環境報告書、ホームページ 0 5
(6) 環境損傷に対応するコスト SOx公害健康補償賦課金 0 55
合計 427 4,623

単位: 百万円

2. 環境保全効果

効果の内容 環境保全効果の指標
指標の分類 効果(対前年度比)
(1)事業エリア内で生じる環境保全効果
(事業エリア内効果)
1. 地球環境保全関係 a. 省エネルギー 消費エネルギー減少量 654×106 MJ/年
CO2排出削減量 124 千t-CO2/年
b. 海外植林 植林面積増加量 ▲ 465 ha
CO2吸収増加量 ▲ 8810 t-CO2/年
2. 資源循環関係 a. 薬品回収 環境負荷化学物質削減 ― t/年
b. 節水 節水量 540 千㎥/年
(2)上・下流で生じる環境保全効果
(上・下流効果)
1. 製品リサイクル 古紙回収 古紙使用量 166 千t/年(▲ 1 千t)
2. 容器包装リサイクル パレット・紙管回収、再生 回収率(実績) パレット50.3%
紙管84.1%
(3)その他の環境保全効果 1. 製品物流 物流CO2負荷抑制 製品輸送構成の見直し トラック ▲2.5%
コンテナ 0.5%
船舶 2.0%
2. 社会活動 割り箸回収 割り箸回収量(実績) 19,043 kg/年